ウェールズ人の名前

Welsh Soldiers Names, Aberystwth War Memorial / courtesy of Photolibrary Wales
Welsh Soldiers Names, Aberystwth War Memorial / courtesy of Photolibrary Wales

マクドナルド(MacDonald)ならスコットランド系、

オブライエン(O’Brien)ならアイルランド系というように、

英国人の名前には、ほぼどの国の出身かがわかる姓があります。

 

ウェールズ人に多いのは、ジョーンズ(Jones)、

デーヴィス(Davies)、ウィリアムス(Williams)、

ロバーツ(Roberts)、フィリップス(Phillips)、

ヒューズ(Hughes)、エヴァンス(Evans)、

トーマス(Thomas)……ん? なにか気づきません?

 

そう、英語の一般的な男の子の名前に

Sをつけた姓が圧倒的に多いのです。

これは、イングランドに併合されたのち、

名前までイングランド化したことの表れなんですよ。

 

かつてウェールズでは、

[自身の名+“~の息子”という意味の<ap>または<ab>+父の名]

という名乗り方をしていました。

たとえばプリンス・オブ・ウェールズを名乗っていた

北ウェールズの覇者、ラウェリン・アプ・グリフィズは

“グリフィズの息子、ラウェリン”という意味です。

ラウェリンだけでは「若造が!」と思われかねないから、

「お父ちゃんはあのグリフィズなんだぞ~!」とつけくわえていたのかな?(笑)

冗談はさておき、父系の血族が大切な社会だったのですね。

祖父や曽祖父の名までさかのぼることもあったようです。

 

でもこの名乗り方では、世代ごとに姓が変わってしまいます。

そこで15世紀から18世紀にかけて、

ウェールズでも固定化した姓が使われるようになりました。

といっても新しくつくるのではなく、どこかの世代での父の名をもとにした

名乗りの後半部分を姓と定めたというものです。

 

先にご紹介した姓の例は、この父親たちの名が英語化したことで登場しました。

併合によってイングランドと密接な関係にあったウェールズの支配者階級では

英語を話す必要性があったため、まずこの階層から名前の英語化がはじまります。

そして徐々に、あるときは自発的に、またあるときは強制的に、

一般大衆へと広まっていったのでした。

伝統的な“カドワラデル”より、“ジョン”のほうが

カッコよく感じられた若者もいたんでしょうね(?)

“~の息子”を意味する<ap><ab>も英語のsonからきたSに取って代わられ、

語順も英語式に名前の後になったというわけです。

 

ただ、<ap>か<ab>を前につける習慣も、A音が脱落して残りました。

アプ・ハリーはパリー(Parry)に、アプ・リチャードはプリチャード(Prichard)に、

アブ・オーエンはボーエン(Bowen)に、といった具合です。

またロイド(Lloyd)やモーガン(Morgan)など

ケルト系の名がそのまま残っている姓も、あります。

 

ところで、なぜかはわかりませんが、ウェールズには恐ろしく姓の数が少ないのです。

40年ほど前の調査ではありますが、たった39の姓でウェールズ人の95%をカバーしているとか。

日本でいうなら、田中さんや山田さんや井上さんや鈴木さんだらけ、ということ。

そこで混乱を避けるために、ウェールズではユニークな方法が編み出されました。

でもこの話は、またの機会にさせていただきます。

 

 

 

Millenium Centre on the day / courtesy of Photolibrary Wales
Millenium Centre on the day / courtesy of Photolibrary Wales

<蛇足>

ウェールズでいちばん多い名前は、

ジョーンズ(Jones)さん。

2006年にカーディフベイのミレニアム・センターで

行われた「ジョーンズさん大集合!」のイベントでは、

一箇所に集まった同姓の人の数で、

ギネス世界記録を打ち立てました。

会場はこのように特別仕様となり、

司会も出演者もスタッフも、すべてジョーンズさん。

このイベントにはキャサリン・ゼタ=ジョーンズや

トム・ジョーンズからも

メッセージが寄せられたんですって(笑)