石炭

Welsh coal / courtesy of Photolibrary Wales
Welsh coal / courtesy of Photolibrary Wales

世界に先駆けて産業革命を起こし、近代化を成し遂げた大英帝国。

その原動力のひとつとなったのが、南ウェールズ産の石炭です。

 

ロンダ渓谷を中心とする炭鉱から採掘された石炭は

発熱量が高く煙の少ない無煙炭で、

需要が急増していた製鉄や蒸気機関の燃料に最適。

ブラックゴールドと呼ばれるほどに高値で取引され、

ウェールズに経済的な恩恵をもたらしました。 

coal exchange / courtesy of Photolibrary Wakes
coal exchange / courtesy of Photolibrary Wakes

なかでも飛躍的に発展したのが、

現在の首都のカーディフです。

その品質の高さからウェールズ産の石炭の多くが

輸出にまわされたため、

カーディフ湾は世界最大の石炭積出港となりました。

港近くに建てられた豪奢な石炭取引所は

世界の石炭相場を決める場所となり、

史上初めて、ここで、

額面100万ポンドの手形が発行されたそうです。

金ではなく、石炭の売買でこの最高額が

登場したことからも、

いかに繁栄を謳歌していたかがわかりますね。

 

実はこの“ウェールズ炭”、

日本とも深い関わりがあるんですよ。

大国ロシアを相手に勝利を収めた、日露戦争。

東郷平八郎司令官のもと、勇名とどろくバルチック艦隊を

撃破した日本海軍の連合艦隊には、

1万トンものウェールズ炭が搭載されていたのです。

戦争勃発の2年前に締結された日英同盟によって調達できたものでした。

英国政府はこのとき、同盟国日本のためにロシアへのウェールズ炭の禁輸措置も講じたとか。

あの日本海海戦で国産の石炭が使われていたら、その後の歴史は変わっていたのかもしれませんね。

valley / courtesy of Photolibrary Wales                                                                                     
valley / courtesy of Photolibrary Wales                                                                                     

でもご存知のように、この繁栄にも終焉のときが訪れます。

世界のエネルギー政策が石炭から石油へとシフトするにつれて、

最盛期には600以上あった炭鉱は次々に閉山され、

1980年代で操業はほぼ停止しました。

かつてボタ山が築かれていた谷には緑が戻り、

人々が郷愁をこめて口にする

“ヴァレー”の風景に彩りを添えています。

 

とはいえ、在りし日の炭鉱の姿が、

まったくなくなってしまったわけではありません。

近代史に大きな足跡を残した

この南ウェールズの石炭産業を後世に語り継ごうと、

さまざまな取り組みが行われています。

underground tour at Big Pit / courtesy of Photolibrary Wales
underground tour at Big Pit / courtesy of Photolibrary Wales

 

そのひとつ、閉山された炭鉱をそのまま

利用して体験型ミュージアムにしたのが、

カーディフの北東約40kmのブレナヴォン

Blaenavon)という町にある、

ビッグピット国立石炭博物館

Big Pit: National Coal Museum)。

ここで働いていた鉱夫たちにガイドされ、

地下90mまで降りて長い坑道を歩く

アンダーグラウンドツアーが人気です。

 

個人的にも、ビッグピットはおすすめ!

もと鉱夫のおじさんたちの解説には

国の繁栄を支えたという誇りがにじみ、

当時の政府に対する辛口ジョークが飛び出すことも。

産業にとどまらず、コミュニティのありかた、性質まで

いま“ウェールズ人らしさ”といわれているものの多くが、

この時代に培われたことを教えてくれます。

 

 

 

<蛇足①>

ビッグピットを中心に、ブレナヴォンに残る製鉄所跡、

鉄道、集落を含めた一帯は、“産業活動とそれを取り巻く

人間の生活の様子がよく保存された顕著で傑出した事例”として、

2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。

 

<蛇足②>

石炭採掘の中心となったロンダ渓谷は、

往年の名画『わが谷は緑なりき』の舞台。

でもハリウッドスターをキャスティングし、

ウェールズで撮影されなかったので、

この映画、ご当地ではずっと評判がよくないみたいです……。 

ウェールズフリークとしては、

男声合唱の見事なハーモニーやお店のおばさんの民族衣装など、

ニヤっとさせてくれる場面もあるのですが……。